日本酒を海外に営業するという仕事もあります

海外と関わりのある仕事につく

海外営業といっても幅が広く、おもしろいところでは、日本酒を海外に広めるといった仕事もあります。

ヨーロッパやアメリカをはじめ、海外では日本食ブームにあり、その中で日本酒を海外に広めるチャンスも発生しています。

日本の誇れる、いい商品を海外へ。ドメスティックなイメージが強い印象もある酒造メーカーにおいても、海外進出を進めている会社があります。

日本酒の海外営業について

海外進出の対象としては、大きいマーケットがあること、既に多くの日本食レストランがあるところになってきます。具体的には、中国、アメリカ、ヨーロッパなどが対象国となってきます。

仕事内容の例としては、「海外の販売会社や、レストラン、小売店への販売促進活動」や「中国の販売代理店への営業、また、日本からの商品の輸入販売。海外における日本酒市場を開拓」といった感じです。

そして応募資格の例は下記のような感じになります。「日本酒が付き合い程度に飲めること」という条件は面白いですね。

  • 営業実務経験(商材問わず)
  • 海外在住経験ある方歓迎
  • 管理職経験者歓迎
  • 英会話スキル(日常会話レベル以上)
  • 日本酒が付き合い程度に飲めること

なお、日本で半年など一定期間の研修の後、海外に赴任する求人案件もあったりします。

海外営業の求人を探すには

日本文化の象徴である日本酒を海外に広げる仕事って面白そうだけど、それではどうやって求人を探すの?

まずは、ネットをフル活用して情報収集してみましょう。日本酒を扱っているメーカーのサイトをチェックして、海外営業の募集がないか見てみる。また、転職サイトの「リクナビネクスト」に求人が出ていないかチェックしてみるのもいいでしょう。

あと、「リクルートエージェント」などの転職エージェントでも、海外営業の求人案件も扱っているので、問い合わせてみるのもいいでしょう。転職エージェントなら、転職サイトには出ていない非公開求人も多く持っているので、レアな求人なども紹介してもらえるかもしれませんね。

シェアする