3Mジャパンの求人募集・年収や給与制度など中途採用情報

スリーエム ジャパン

3Mは70カ国以上でビジネスを展開し、世界総売上約3兆円を誇るグローバル企業です。その中でも3Mジャパンは中核を担う現地法人です。

3Mジャパンのミッションは2つ。1つは日本国内での製品開発の強化。国内のお客様のニーズに合致する製品を開発し、市場のシェアを獲得していくこと。2つ目は、海外に進出する日本企業と海外の3M現地法人を結びつけ、成長著しいアジア市場全体をサポートすることです。

そんな3Mジャパンでは常時、中途採用を行っています。それでは以下で詳しく見ていきたいと思います。

3Mジャパンの中途採用について

例えば、以下のような求人募集があります。

電子用製品事業部 プロセス材料販売部 アカウントマネージャー

職務内容

3Mフッ素液体の販売。大手のエレクトロニクス企業へのアカウントセールス。キー顧客における新規用途のコンサルティングセールス。

日本国内のMKTG、技術チームとかかわり、チームとして顧客の課題を解決しながら用途を開拓する。3Mグローバルのオペレーションの中での日本マーケットの開拓、および顧客海外拠点へのサポートも適時行う。

必須条件

電子部品や半導体などの前工程および後工程製造プロセス、化学薬品、などに抵抗が無く、進んで新しい事を学ぶ姿勢があること。
英語スキル:TOEIC600以上。

3Mジャパンの年収・給与制度について

年収事例

30歳、一般職、700万円
40歳、管理職、1000〜1200万円

課長級1000万円から、部長級は1300万円から、事業部長など事業責任者は1400万円スタートかという感じ。営業職はセールスインセンティブがあり、それ以外の技術職、スタッフ職よりも水準が高い。昇進の年齢がバラバラなので、一概には言えない。

給与制度の特徴

評価が昇給に結びついている。一部のパフォーマンスの高い人には、高い評価がされ、昇給も早いが、多くの一般レベルの人は評価に大きな差が出にくいので、同じ職位レベルなら、給与の差が出にくい。

3Mジャパンの組織体制・企業文化について

組織体制

外資系であるが、日本進出してから50年以上の歴史を持ち、日本企業的文化が強いと感じる。組織体制は社長以下オペレーションコミッティーメンバーの各部門、ビジネス担当役員が中心となる。

インダストリアル、エレクトロニクス、コンシューマー、セイフティー・グラフィックス、ヘルスケアのビジネスグループに分かれており、各ビジネスグループの下にビジネスユニット・事業部が複数所属しており全体で30余りの事業部がある。各ビジネスグループ、事業部はほぼ独立し運営されている。

この他に人事、経理、情報システム、事業企画、ソーシング・ロジステックといったコーポレートサポートファンクションがある。また山形、岩手、茨城、千葉に工場があり製造活動を行っている。相模原にも工場と研究開発の拠点がある。

企業文化

新製品(直近5年以内に発売)のみの売上高目標を設けるなど、製品•技術のイノベーションが常に求められている。技術者の15%ルールは上司の承認なしに自身のこだわりのテーマで探求することが認められている。

3Mジャパンへの転職を考えているいる方へ

企業のオフィシャルサイトで求人募集があれば、直接応募が可能です。ただ、直接応募の場合、返信がない場合も多いです。理由としては、厳選して面接をして人だけに連絡をする企業が多いため、よほどその人事の希望する経歴にピッタリあった人しか面接に進むことができません。

そのためほとんどの人は転職エージェントを通して応募した方が面接までいける確率が高まります。直接応募した方が確率が高まると考えている人が意外と多いのですが、正しくなかったりします。

なお、以下の転職エージェントなら外資系企業・グローバル企業の求人に強く、3Mジャパンの求人も抑えている可能性が高いので、相談してみるといいでしょう。

会社概要

会社名 スリーエム ジャパン株式会社
3M Japan Limited
創業 1960年(昭和35年)2月23日
本社所在地 東京都品川区北品川6-7-29
URL http://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/company-jp/

シェアする